青汁に掛かる費用

昔から青汁は健康面での支持が高く、日々の食生活で不足しがちの栄養補給などで使用されてきました。利用者の多くは高齢の方が多かったですが、最近では若年女性からの支持もあり、青汁の注目度は上がりつつあります。

又、以前と比べても低価格で購入出来る商品が増えてきている為、継続する事を考えても費用面で負担が少ないのが現状なのです。では、昨今出回っている青汁の価格帯はどのようになっているのでしょうか。

一般的な内容量と価格

先ほど述べた通り様々な商品が市場で販売されているのが現状なので、価格帯も様々なのです。一般的には1ヵ月に必要な容量がパックになっている商品が多く、高いものであれば6000円前後のものもあります。

勿論高いのには含まれている成分が多かったり、飲みやすい工夫がされている等様々な理由はあります。勿論、中には3000円前後で購入できる低コストなものもありますが、高価なものと比べると摂取出来る栄養分が少なかったり、青汁独特の苦みがあるのが特徴です。

だからと言って高価なものが購入者のニーズに合っているとは一概に言い切れません。自身が青汁に求める内容で商品を選ぶ必要があります。例えば、健康作りだけが目的で味は多少苦くても構わないと言う方は、安価の商品でも十分に効果が期待出来ます。

又はダイエット効果やアンチエイジング効果を期待する方は他の青汁には配合されていない特別な野菜が含まれている商品が良いのです。更に、多くの栄養分と摂取しやすさを求めるのであれば、一般価格よりは多少高価なものになります。

商品別の価格例

例えばテレビショッピングなどで取り上げられる青汁三昧であれば通常価格6000円前後になりますが、定期コースに加入する事で通常価格の半額でお求め可能です。又、低価格が売りの菜善青汁であれば通常の内容量より多く入って7000円前後となっております。

通常の内容量は1日1パッケージ摂取で1箱に1ヵ月分の計30袋前後が主流なのに比べ、この菜善青汁は90袋入りなので、1回分の単価に表すと通常よりもお得になっているのです。青汁選びは利用者のニーズに合わせよう

以上のように青汁にも様々な種類があり、価格帯もバラバラなのが特徴です。しかし、前で述べた通り青汁は価格で選ぶのではなく、自分がどのような理由で青汁を摂取するかが重要なのです。

単に健康作りの為であれば従来の青汁で効果が期待出来ますが、デトックス効果や美容、ダイエット効果などを期待するのであれば特殊な成分が配合された青汁が必要になって参ります。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です